バンパー修理は板金塗装の自動車整備工場が最適

自動車のバンパーを直す必要が出た場合は、ディーラーでも対応してくれます。しかし予算を低く抑えたい時は、板金塗装を行っている整備工場に申し込むことが正解です。ディーラーでは新品への交換対応となる可能性が大きくなり、その場合ではパーツ代が高額になります。さらに工賃も整備工場より高くなる傾向があるほか、板金作業で直す場合でも別の整備工場に委託する場合が多々ありますから、そこで中間マージンが発生することも考えられます。そのため直接板金塗装を取り扱う整備工場に申し込んだ方が、お得になります。整備工場ではバンパー修理が得意な業者もありますから、交換をしない場合でも、まるで新品に取り換えた様な美しい仕上がりで直してくれることもあります。また、申し込む前に修理費用を知りたい場合では、最初に見積もりをお願いすると良いでしょう。

車のバンパー修理は板金塗装の工場へ

自宅の車庫入れなどでバンパーを傷めてしまった場合など、修理をしたい時は板金塗装の工場に相談することが肝心です。購入店などのディーラーに依頼した場合でも元通りにしてくれますが、新品に付け替える場合が多いですから、結果的にかなりの修理費になるとも言えます。その点、板金塗装の工場では修理できる範囲内では、新品に交換せずに直してくれますから、安めの金額で済むことがあります。しかし、いくら掛かるか気になる所でもありますから、先ずは費用の見積りを出してもらうことが得策です。見積りはどこの業者でも大抵無料で行ってくれます。また、それと同時に作業期間や、納車までの日数を確認しておくことも有効です。時期や工場の都合によりましては、ある程度期間が掛かることもあります。そして代車が必要な場合も、予め確認しておくと良いでしょう。

車のバンパー修理は安い早いキレイが原則

昔の車の場合バンパーがへっこんだりした場合は、バーナーであぶって柔らかくしてからハンマーで叩いて元の形に戻して直してからメッキを施したりしたわけです。新しい物に変えてしまう事もあります。ただ今の車の場合はハンマーで叩いて直す事は出来ないわけです。何故なら昔は金属で出来て居ましたが、今はウレタンで出来ていてハンマーで叩いても直らない材質です。それだけでなく今はバンパーにセンサーが付いていたり又、後ろが見えて後方確認が出来るカメラが付いているので、無茶な事は出来ないようになっています。と言う事で今は修理するというよりも全部を丸ごと交換するというようなやり方で直します。交換した後に車体と同じ色か元の色に塗装をして綺麗に治します。ここ最近ではディーラーに持って行かなくてもカーコンビニでとても早く治してもらえます。値段的にもお手頃です。