車のバンパーの修理について

車のトラブルで最も多い部分はバンパーでしょう。もともと、車もボディ自体を守る役割のあるこのパーツですので、へこみや擦れなどが発生しやくなると言えます。しかし、修理を行う場合こうした少しの擦り傷でも驚くほどの費用が発生する場合があります。とくに、へこみがある場合は、そのへこみを戻して、さらにダメージを受けた部分の塗装を行う必要がありますので、多くの費用が必要になってくるでしょう。もし、軽微なへこみ程度であれば、自分で直すことも十分可能です。バンパー部分は、ボディとは違い樹脂性でできているのが一般的です。樹脂は鉄とは違い、低温でももとの形状に戻る性質があります。つまり、周りの塗装部分にダメージを与えない温度を与えることで、へこみが元に戻るということです。ドライヤーなどの熱で十分なので試してみてください。

車のバンパー塗装修理について

車のバンパー塗装は、車の修理を行う場所でとても多い部分です。バンパー部分を擦ってしまったという経験は、ほとんどの人があるのではないでしょうか。こうした部分を塗装する場合、実はほかの場所よりも難しい作業になります。曲がっている部分が多く、プロによる塗装作業を行っても、見る角度によって塗装部分の色の違いが出てしまうことがほとんどです。こういうことを避けるために、プロが塗装を行う場合は傷が付いている部分よりも広めに修理を行います。他の塗装部分としっかり色が合うように、バンパー部分の切れ目まで塗装を行うことが一般的です。また、他の部分と色が合うようにぼかし剤なども使用します。新しく塗装を行った部分と、古い塗装部分と色が合うようにぼかし剤を塗ることで、塗装の切れ目が目立ちにくくなります。自分で行う場合は、何度もテストを行いましょう。

車のバンパーの修理方法です

車を自分でぶつけてしまったり、事故に合った場合に一番リスクのある場所はバンパーです。それは、車が衝撃を受けた時に自ら損傷する事で車体そのものに伝わらないようにする役目があるのがバンパーです。もし、損傷したのが小さなキズだけなら自分で補修する事も出来ます。最近では、自分で修理する事が出来るグッズが販売されていますからそれを利用すれば直す事が出来ます。しかし、へこんでしまったり大きなキズの場合にはやはり修理業者に依頼した方が安心です。ただし、業者に依頼すると費用面が異なって来ます。そのため、事前に見積りを出してもらい複数の業者を比較してから決めればおおよその費用を知る事が出来ます。ただし、費用面ばかりを気にして決めてしまうと、技術面を見逃してしまうので実績と費用のバランスの取れた業者に依頼するのが一番安心です。

業界の常識を覆す激安料金体系。車種や色による追加料金もありません。 仕事が忙しくて日中は修理に出せなくても安心。22時まで営業中です。 東京・埼玉・神奈川にお住まいで、修理代金30000円以上のお客様なら車の引き取り・納車が無料。 個人情報は一切不要!修理箇所の写真をメールするだけの簡単見積もり。 車のバンパー修理が得意なこちらへ